学校法人 山梨学院 > お知らせ

お知らせ

お知らせ

メイン画像

2019.1.8

乙黒拓斗選手(法学部2年)が世界レスリング連盟から2つの賞を受賞しました

 
 世界レスリング選手権で優勝するなど、2018年における世界の舞台での活躍や飛躍が認められ、乙黒拓斗選手(法学部2年)が、世界レスリング連盟(UWW)から2つの賞を受賞しました。


ブレークアウト・パフォーマー・オブ・ザ・イヤー(最も飛躍した選手)
 男子グレコローマ55kg級のエルダニズ・アジズリ(アゼルバイジャン)、女子57kg級の栄寧寧(ロン・ニンニン=中国)とともに、乙黒拓斗選手(フリースタイル65Kg級)も選出されました。

マッチ・オブ・ザ・イヤー(最高試合)
 世界レスリング選手権フリースタイル65Kg級決勝戦(2018年10月22日)で、乙黒拓斗選手がバジラン選手(インド)に勝利し、優勝しました。



■関連サイト

2018.12.25

高校駅伝部、男女そろって全国大会(都大路)に出場しました

 
 「男子69回・女子30回全国高等学校駅伝競走大会」が2018年12月23日(日)、京都市西京極陸上競技場を発着点とする、男子7区間42.195km、女子5区間21.095kmで行われ、男女そろって全国大会への出場を果たした高等学校駅伝部は、序盤での苦戦を挽回することができず、女子が18位、男子が38位に終わりました。
 多くのみなさまからの温かいご声援とご厚情に、心より御礼申し上げます。
 

2018.12.10

「山梨学院大学孔子学院」設立合意書に調印しました

 
 第13回孔子学院世界大会が12月4・5日の両日、中国・四川省成都市で行われました。2019年度の孔子学院設立を目指す山梨学院大学からは古屋光司学長、熊達雲教授らが参加。5日午前には新設合意書の調印式が行われ、本学を含め、フランス、アメリカ、ギリシャ、インドなどの各大学の学長が中国孔子学院本部総幹事の馬箭飛先生と合意書を取り交わしました。合意書調印式には、孔子学院申請を支援いただいた孔子学院本部副総幹事で中国在日大使館の胡志平公使参事官も同席し、調印を見守りました。この調印式に先立ち、中国の教育部副部長(副大臣)で孔子学院本部常務理事の田学軍先生と古屋学長が意見交換を行い、田先生は「孔子学院を通じて、日中の友好の促進、人類運命の共同体への寄与、山梨学院の今後の取り組みに多い期待する」と発言されました。この日の合意書調印を受け、「山梨学院大学孔子学院」の設立が認められ、本学は西安交通大学を提携大学として孔子学院の教育事業を展開していきます。
 

2018.12.10

西安交通大学と「山梨学院大学孔子学院」提携協議書を締結しました

 
 山梨学院大学と西安交通大学は12月4日、「山梨学院大学孔子学院」の設立に向け、提携協議書を締結しました。孔子学院は、中国の大学が海外の大学と提携し、共同で語学活動、文化活動、友好活動などの教育事業を実施する2004年設立の教育機構で、日本では2005年に開設されて以降、現在は14の私立大学孔子学院が展開されています。本学の提携大学となる西安交通大学は1896年創立の上海・南洋公学を前身とし、中国で最古の高等教育機関で1921年に交通省管轄の交通大学として設置されました。現在は、陝西省西安市にキャンパスを置き、中国国務院教育部直轄の国家重点大学の1校となっています。同大は設立当初は理工系大学でしたが、現在は医学、経済学、文学、法学、哲学、教育学などの学部を有する総合大学となり、中国国内でもトップクラスの大学です。海外の大学とも積極的に交流を行い、本学とは2001年に学術交流協定を締結し、教員の相互訪問、学生の派遣や受け入れなどで交流を進めてきました。今回の協議書締結でこれまでの提携をより強固なものにし、「山梨学院大学孔子学院」の運営にあたり、中国語や中国文化の発展のため教育事業や共同研究、異文化交流の推進等を連携して実施していきます。
 

2018.10.26

垣越建伸選手(高等学校)、プロ野球ドラフト会議で中日より5位指名を受けました

 
 2018年10月25日(木)にプロ野球ドラフト会議が行われ、高等学校3年の垣越建伸選手が中日ドラゴンズから5位指名を受けました。

2018.10.23

世界レスリング選手権、乙黒拓斗選手(法学部2年)が65kg級で優勝しました

 
 世界レスリング選手権大会(ハンガリー・ブタペスト開催)で、65Kg級に出場した法学部2年の乙黒拓斗選手が、決勝で8月のアジア大会覇者でもあるバジュラン選手(インド)を下し、見事に優勝を果たしました。19歳10ヶ月での優勝は、恩師高田監督がもつ最年少優勝記録(20歳6ヶ月)を更新する、日本男子の史上最年少優勝の快挙です。


2018.10.1

2019年4月、山梨・長野で唯一の「経営学部」が始動します(大学)

 
 2019年4月、ビジネスに直結する経営能力と、実践科目による現場感覚の育成に力を入れてきた山梨学院大学現代ビジネス学部が「経営学部」へ名称変更します。企業や地域の方との共同企画実施といった活動は継続しながら、ロジカルシンキングなどのプロジェクト進行に必要なスキルを習得できる科目をさらに充実させます。また2年生から所属できる「ゼミナール」では、担当教員による学生一人ひとりに寄り添った指導で、就職についても手厚くケアします。地域の未来を切り拓く力を最大限磨く環境を提供いたします。
 
 

2018.9.14

大学院法務研究科修了生5名が平成30年の司法試験に合格しました


 
 平成30年実施に係る司法試験において、本学大学院法務研究科(平成29年度末を以って廃止)の修了生4名が合格しました。合格者4名のうちの1名は、本学法学部法学科出身者です。そのほかに、本学大学院法務研究科修了後、社会人生活のかたわら、予備試験を経て本年の司法試験に合格した修了生が1名おり、修了生では合計5名が合格しました。本学大学院法務研究科では、累計で97名の司法試験合格者(うち旧司法試験合格1名。なお、本学法学部法学科出身者8名。)を輩出しています。
 合格者の皆さんには心よりお祝い申し上げるとともに、本学大学院法務研究科の教育に多大なるご支援をいただいた皆様には厚く御礼申し上げます。

 本学といたしましては、修了生が安心して勉学に励むことができるよう、引き続き最大限の支援を行っていく所存でおります。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018.8.13

高等学校サッカー部、インターハイ男子サッカーで優勝しました

 
 平成30年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の男子サッカーにおいて、山梨学院高等学校が優勝しました。皆様からのご声援、ありがとうございました。
 
 

2018.8.6

高等学校野球部、3年連続8回目の甲子園出場を果たしました

 
 第100回全国高校野球選手権大会に3年連続8回目の出場を果した高等学校野球部は、大会第2日目(2018年8月6日)第1試合で高知県代表・高知商業高校と対戦しましたが、12対14で敗れ、惜しくも1回戦敗退となりました。
 多くのみなさまからの温かいご声援とご厚情に、心より御礼申し上げます。 

 
関連サイト

2018.6.25

平成29年度 事業報告ならびに財務情報を公開しました


平成29年度の事業報告(事業報告書)ならびに財務情報(計算書類等)を公開しました。


2018.6.18

平成30年度 学部・学科等の入学定員、学生数の状況を公開しました



 平成30年5月1日現在の学部・学科等(大学院・大学・短期大学・高等学校・中学校・小学校・幼稚園)の入学定員、学生数の状況を公開しました。